私がお金に困った時はこのくらい

私がお金に困った時と言いますと、せいぜい出先で買い物をしている時に余分なパンやお菓子を買いたくなり、お財布のお金が大丈夫かな、と心配になってしまったくらいですが、社会人生活を長く続けている人ですともっと深刻な問題でお金に困った事があるようです。

知り合いは何らかの事務所で働いているのですが、肖像権問題を巡ってお金に困っているようです。

大人同士の問題、といった感じで多額のお金が動くようです。

知り合いは儲けており個人的にも一億円は所持をしていたはずなのですが、お金を使ってしまうためにもっとお金が欲しい、とお金に困るようになったようです。

私は一億円があればお金に困ることなんて一生無いな、と思いますが人それぞれなのだなと思わざるを得ません。

2種類のキャッシング会社

キャッシングは大きくわけて2種類の会社に分けられます。

それは銀行系と消費者金融系の2種類。

簡単にいうと銀行系は金利が低く融資限度額が高い。

消費者金融系は銀行系より審査が甘く、融資までが早い。

これが大きいメリットだとおもいます。

その反対にデメリットもたくさんあるので、比べながら検証していきたいとおもいます。

キャッシングの利息とは

キャッシングにつきものの利息、こればかにできないんです。

審査をうければ簡単に申請できる金融会社ですが
たくさんある金融会社の中から選ぶポイントとして、利息がどれくらいつくのかというのは気にしていかなければいけません。

キャッシング会社にも大きくわけて2種類あります。

銀行系のキャッシングとアコムのキャッシング。

銀行系は利息も低いですが審査に通りにくいし、消費者金融系は利息は高いですが審査に通りやすいとメリットデメリット両方あります。

キャッシング初心者に勧めたいのはもちろん銀行系、審査が通りにくい人には消費者金融系をすすめたりもします。

実際返済になると元金がなかなか減らず金利を一生懸命返済して、結局は長期で借入というかたちになってしまうのでそこが難点。

まず金利を見直すところからキャッシングははじめていきたいですね。

お金に頓着が無くともキャッシング

お金にちっとも頓着をしない性格なのですが、キャッシングで借りた借金があります。

お金に頓着をしないのであれば、キャッシングでの借金も成り立たないのでは、と、これを読んでいる人は考えるかもしれません。

私はお金に頓着しないあまりに、他人の負債の200万円を肩代わりしたのです。

一人の負債ではなく、複数の人間の負債を肩代わりしています。

お金に頓着が無いために肩代わりをすることにも抵抗がありませんでした。

一人の負債は大体50万円程度です。

お金に頓着が無い、というのが私が生きやすい理由にもなっており、キャッシングをしていても、負債者特有の悲壮感や苦しさはありません。

お金に頓着をするよりかはかなり得な性格だと思っています。

お金に頓着をしないとはいえ、キャッシング会社の店舗に入った時はさすがに、心臓がどきどきしてしまいましたが、融資可能といわれ安堵、安堵です。

お金に頓着が無い自分の性格は、危機感が無い、ということなのかもしれません。

返品に手間がかかりました

一目ぼれで買ったのです。でも買って家に帰ってきてからよく見ると、どうも私には似合わないワンピースだったのです。

だから私は返品しようと思ったのです。

でも躊躇しています。これはカードローンで買ったものなのです。

現金が足りなくて、財布に入っているカードで買ったのです。

カードローンで買ったものでも返品できるかどうか、私にはわからなかったのです。

今まで経験もなかったのです。

私はとりあえずこのワンピースを買ったお店へ走りました。早いほうがいいと思ったからです。

理由を説明するとちゃんと返品に応じてくれたのです。

でもこれが結構面倒でした。

サインをしたり、何度も手間がかかったのです。

でも返品できてよかったです。

無事返しました

カードローンは、退職金で返したと書きましたが、私の退職金は150万円でした。

思ったよりもらうことができたので、よかったと思いました。

私は当時、生 活保護を受けていたのですが、それをもらったおかげで、生活保護を抜け出すことができたのです。

おまけにカードローンの借金を返すことができました。

カー ドローンは20万ぐらいだったと思います。

お金が振り込まれ次第、借金をかえして、なんとか抜け出すことになりました。

借金生活も、生活保護生活も、抜け 出せました。

生活保護はさておき、カードローンの借金はこわいです。

カードローンは、20万ぐらいありました。

生活費につかってしまっていたのです。

それらを無事にかえし終えて、私はまっとうになりました。

幼すぎました

今思えば、私はお金を借りるのに、幼すぎたのかもしれません。ですので、ブラックになってしまって、お金をこれ以上借りれなくなっても、仕方ないのかもしれません。

い まは、ニコニコ現金払いですごしています。

そもそも、お金はそんなにかかりません。

一ヶ月90000円ですごせています。

髪の毛は今日は、散発に行きまし たが、2000円でした。

激安です。

シャンプーつきで、2000円なんて、ラッキーこの上ないです。

散発は、大変なので、自分ではしません。髪の量が多い ので、きってもらっているのです。

生活費は90000円で、いざというときの貯金に30000円、内職で30000円稼いでいます。

それぐらいは貯金しないと、不安でしかたありません。

お金を借りる事について

お金を借りる事には非常に抵抗があります。

給料と母の内職で何とかやりくりしていた家庭に育った為、お金を返済しているところを見て育っていないからではと思います。

実際私自身は銀行で住宅ローンを主人と組んでいますが、最初は抵抗がありました。

共働きをしていたので何とか返済は出来るであろうと思い、思い切って組みました。

まだバブルが弾けてすぐの頃だったので土地代が今の倍位しました。

ローンの返済が出来なくなったら購入時の半値以下の価値しかなくなった土地を売るのかと思うと気が重いです。

しかも都会の土地に比べて田舎の土地はなかなか売れません。

お金を借りる事に抵抗の無い方がある意味羨ましいです。生活する事への不安がないのでしょうか。

若い頃は成るようになると結構強気でしたが、年を取ると健康面も経済面も不思議と不安が出てくる物です。

結論を言いますと、お金を借りる時はリスクをしっかりと考えてからでないと無計画に借りると生活が不安定になると言う事です。

しっかり計画を立てて借りた方がいいと思います。

ただ、人生は思いもよらないことが突然起こるものです。

しっかり計画を立てた上にリスクを考えて借りる事が出来る人が堅実なのではないかと思います。

四歳の息子と新幹線での帰省

私は現在、名古屋に住んでおります。
そのため、実家のある横浜には車以外の交通手段としてよく新幹線を利用します。
夜行バスも安くて良いのですが、今回の夏休みは四歳の息子も一緒なので新幹線で行くことにしました。

 

新幹線は夏休み混雑するうえに、繁忙期で料金があがります。
自由席で行けば往復二万円かからないのですが、おそらく自由席は満席でしょう。
しかし、だからといって“のぞみ”の指定席だと往復三万円以上かかってしまいます。
我が家は今、ご祝儀貧乏なので交通費にそこまでお金を出せません。

 

そこで私は色々調べた結果、“こだま”で帰省することにしました。
こちらは乗車している時間が長いのが欠点ですが、“ぷらっとこだま”という事前に購入した切符であれば“のぞみ”より片道だけで3000円も安く済ませられます。
お金に困っているとき、このような切符に出会えたので、上手く活用したいです。

お金に困ったときに頼れるのは

生活をするということはお金を消費する行為です。

どんなにお金を節約して生活していても、食費や生活費、アパートの家賃などにどんどんお金が消費されて行きます。

人間が人間としての生活を送る上でお金と言う物は欠かせない物ですが、そういったお金を手に入れるために人は働かなければいけません。

しかし必ずしも全ての人が働いて生活できるお金を用意できるとは限らず、年々低収入の層が増えてお金に困っている人が急増しているのも事実です。

お金に困ったときにはやはり誰かに頼る必要がありますが、そんな時に頼れる身内や親戚、知人や友人がいない場合には、生活保護に頼ると言う方法もありますが、年々生活保護の需給の難易度は上がっているので、やはり最終的には金融会社に頼るのが得策でしょう。