お金を借りる事について

お金を借りる事には非常に抵抗があります。

給料と母の内職で何とかやりくりしていた家庭に育った為、お金を返済しているところを見て育っていないからではと思います。

実際私自身は銀行で住宅ローンを主人と組んでいますが、最初は抵抗がありました。

共働きをしていたので何とか返済は出来るであろうと思い、思い切って組みました。

まだバブルが弾けてすぐの頃だったので土地代が今の倍位しました。

ローンの返済が出来なくなったら購入時の半値以下の価値しかなくなった土地を売るのかと思うと気が重いです。

しかも都会の土地に比べて田舎の土地はなかなか売れません。

お金を借りる事に抵抗の無い方がある意味羨ましいです。生活する事への不安がないのでしょうか。

若い頃は成るようになると結構強気でしたが、年を取ると健康面も経済面も不思議と不安が出てくる物です。

結論を言いますと、お金を借りる時はリスクをしっかりと考えてからでないと無計画に借りると生活が不安定になると言う事です。

しっかり計画を立てて借りた方がいいと思います。

ただ、人生は思いもよらないことが突然起こるものです。

しっかり計画を立てた上にリスクを考えて借りる事が出来る人が堅実なのではないかと思います。