お金に頓着が無くともキャッシング

お金にちっとも頓着をしない性格なのですが、キャッシングで借りた借金があります。

お金に頓着をしないのであれば、キャッシングでの借金も成り立たないのでは、と、これを読んでいる人は考えるかもしれません。

私はお金に頓着しないあまりに、他人の負債の200万円を肩代わりしたのです。

一人の負債ではなく、複数の人間の負債を肩代わりしています。

お金に頓着が無いために肩代わりをすることにも抵抗がありませんでした。

一人の負債は大体50万円程度です。

お金に頓着が無い、というのが私が生きやすい理由にもなっており、キャッシングをしていても、負債者特有の悲壮感や苦しさはありません。

お金に頓着をするよりかはかなり得な性格だと思っています。

お金に頓着をしないとはいえ、キャッシング会社の店舗に入った時はさすがに、心臓がどきどきしてしまいましたが、融資可能といわれ安堵、安堵です。

お金に頓着が無い自分の性格は、危機感が無い、ということなのかもしれません。